IDENTITY 名古屋

金魚が誘う、魅惑的な世界。『アートアクアリウム2018』が名古屋・松坂屋で開催 - fb0a52c872b9c0d3d92d57c12a2bc6cd 1
2018.6.4

金魚が誘う、魅惑的な世界。『アートアクアリウム2018』が名古屋・松坂屋で開催

8,000匹の金魚が織りなす幻想的な水中アート「アートアクアリウム2018」。2018年で12年目を迎える同イベントが、4年ぶりに名古屋で開催されることに。会場には、東海初登場となる話題の作品も登場するそう。累計835万人の来場者を魅了した、大人気イベントの詳細に迫ります!

『アートアクアリム2018』とは?

金魚が誘う、魅惑的な世界。『アートアクアリウム2018』が名古屋・松坂屋で開催 - e769ac998064875adcd6c3742eade964 990x315

2007年から今年で12年目を迎える水中アートイベント。名古屋では3度目の開催

イベントの始まりは2007年。アートアクアリウム・アーティスト木村英智(きむら ひでとも)氏が手がける、金魚を用いた妖艶な水中アートは、東京で初開催を迎えました。

その発想の新しさ、美しさに魅了される人は後を絶たず。2010年の京都開催を皮切りに、日本各地で開かれるほどの人気ぶりを発揮しました。

もとは、大名や城主など高貴な身分が観る“贅沢品”として扱われていた金魚。江戸後期には庶民にも親しまれ、浮世絵・家具・着物の柄として描かれるなどして一世を風靡(ふうび)したと言われています。

木村氏によると『アートアクアリウム』は、“江戸時代に育まれた「粋」な金魚の世界に想いをはせ、新たな形で現代によみがえらせる試み”なんだそう。

名古屋での開催は、今回で3度目。来たる7月21日(土)〜9月16日(日)に、松坂屋美術館にて行われる予定です。

名古屋会場ならではの見どころ!

金魚が誘う、魅惑的な世界。『アートアクアリウム2018』が名古屋・松坂屋で開催 - ph OoOku 01 temp

展示作品『大奥』

金魚が庶民に親しまれていた江戸時代の風習がテーマ。

今回、名古屋会場で設けられたテーマは「江戸・金魚の雅」。夏の涼をとるために金魚を鑑賞していたという江戸時代の風習を、イベントを通じて蘇らせるのだとか。

注目の展示物は、江戸の象徴でもある“大奥”を表現したという『大奥』。作品の幅は約3mにもおよび、赤を基調としたカラーデザインは何とも艶やかで美しく、目を奪われてしまうこと間違いなしです。

金魚が誘う、魅惑的な世界。『アートアクアリウム2018』が名古屋・松坂屋で開催 - ph Kimonorium 01 temp

展示作品『キモノリウム』

また、京都の伝統工芸品である“京友禅”を水槽に埋め込み、金魚と3Dプロジェクションマッピングを用いて着物の柄を表現した『キモノリウム』も見逃せません。

いずれも名古屋会場では初登場となる作品なので、過去に一度訪れたことがある方も楽しめるはず!ほかの展示作品については、後日公式サイトで発表されるそうなので、気になるかたはチェックしてみてくださいね。6月1日(金)からは、お得な早割チケットも販売されています。

平成最後の夏を、忘れられないものにしたいそこのあなた。特別なひとを誘って、『アートアクアリム2018』に行ってみてはいかがでしょうか?


『アートアクアリウム2018』名古屋会場
期間:2018年7月21日(土)~9月16日(日)

時間:10:00~19:30(最終入場19:00)

入場料:当日 一般(中学生以上)1,000円、子ども(4歳~小学生)800円、3歳以下 無料
※小学生以下保護者要同伴

URL:>『アートアクアリウム2018』名古屋会場 公式サイト

住所:愛知県名古屋市中区栄三丁目16番1号 松坂屋名古屋店 南館7F


画像引用元:http://artaquarium.jp/nagoya2018/,-https://www.instagram.com/artaquarium_official/

イベント・スポット

, , , ,

  • 松坂屋名古屋店南館6・7階のシスセット。エステティック、ヘア・ネイルサロンなど、12のビューティー&リラクセーションサロンを集めたフロアをご紹介
  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2018 IDENTITY.