IDENTITY 名古屋

2017.7.17 asuka

日本最大のビールの祭典!『ビアフェス名古屋2017』が8月19・20日に開幕

正式名称は『ジャパン・ビアフェスティバル』。開催当初から「ビアフェス」の愛称で親しまれてきた同イベントが、8/19・20の2日間にわたって「名古屋国際会議場」で開催することが決まりました。地ビールを中心に国内外から150種類ものビールが味わえる、日本最大の“ビールの祭典”に迫ります!

『ビアフェス名古屋2017』ってどんなイベント?

全国の有名都市で開かれる、日本最大のビールの祭典

1998年に東京で初開催を迎えた『ジャパン・ビア・フェスティバル(通称:ビアフェス)』は、2003年からは大阪、2006年からは横浜、そして2011年からはここ名古屋でも毎年開かれるようになりました。

同イベントの醍醐味は、さまざまなビールを試飲することで、個性的なビールの味や香りを比較しながら心ゆくまで楽しめること。

会場で試飲できるビールは、国内外を合わせてなんと150種類!なかには、毎年4月に開催されるビールコンテスト『アジア・ビア・カップ』にて入賞したものも含まれているんだとか。

『アジア・ビア・カップ』とは?
アジア・オセアニア地域のビールを含めた400種類近くのビールが種類(スタイルとカテゴリー)ごとに味を競い、金銀銅賞を獲得する日本及びアジアで最も権威のある国際的な審査会。

クラフトビール業界だけでなく、一般消費者の間でも注目度の高い、日本最大の“ビールの祭典”なのです。
 

『ビアフェス名古屋2017』を最高に楽しむために

チケットを購入すれば、あとは心ゆくまでビールの試飲を楽しむだけ!

イベントの楽しみかたは、いたってシンプル。チケット(前売り券:4,400円、当日券:4,800円)を購入し、専用のベストアロマグラスを受け取れば、あとは自分好みのビールを追い求めてビールを試飲しながら会場を回るだけ。

ちなみに、このベストアロマグラスはイベント終了後に持ち帰ることが可能。先着400名には”NAGOYA 2017″ロゴ・年号入りのスペシャルグラスがプレゼントされるみたいです。

また衛生面の都合上、会場に飲食物を持ち込むことは禁止されていますが、会場内ではおつまみも販売されているので安心を。(チケット代金には400円分のフードチケットも含まれています)

ただし、未成年の入場は絶対に不可。20歳未満の大学生はもちろん、保護者同伴の児童や幼児も入場することが出来ないので十分注意してください。

 

気になるチケットは、イベント開催前日の8/18までネットやコンビニで前売り券を買うことができます。開催日の8/19・20は各日とも限定900名。前売り券が限定数に達した場合、当日券は販売されないので、「ビアフェスに参加したい!」と思ったら、はやめにこちらでチケットを購入することをおすすめします。

現在『ビアフェス名古屋2017』に出展予定のビールはまだ公開されていませんが、事前にどのようなビールが飲めるのか気になるかたは、イベント開催日1週間前(8/12)をめどに公式サイトをチェックしてみてください。

 

夏の暑さにうなだれていそうな予感がする8月中旬。日本最大のビールの祭典『ビアフェス名古屋2017』で、キンキンに冷えたビールをこれでもかと飲み、自分にとびきりのご褒美をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
 


『ビアフェス名古屋2017』
開催日時:2017年8月19日(土) 15:00〜19:00、20日(日) 12:30〜16:30(ともにラストオーダーは終了時刻15分前)

URL:ビアフェス名古屋2017 公式サイト

住所:愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1


画像引用元:http://www.ilovebeer.jp/gjbf/2016/nagoya/

イベント・スポット

, , , , ,

  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2017 IDENTITY.