IDENTITY 名古屋

cafe hagi
2016.11.2 IDENTITY三ツ川

住宅地に佇む作家の器を楽しめる隠れ家「CAFE GALLERY hagi 」

名古屋市西区にある上小田井周辺エリアを「三ツ川タウン」と名付け、住んでも遊びにきても楽しい町にすべく、有志が集まって様々なイベントや店作り・場づくりに取り組んでいます。IDENTITY名古屋でもそんな三ツ川タウンの魅力をご紹介します。

時の経つのも忘れてしまうくらいのんびり出来る、癒しの空間はお好きですか?「暮らしの器+cafe」がキーワードの、作家さんの作品に囲まれながら美味しい珈琲も味わえる、ふんわりとした癒し空間が三ツ川にありました。

 

時間を忘れられる、木の風合いが落ち着く癒し空間

DSC_0041
まず圧倒されるのがこの外観。住宅街の中にいきなり現れるので驚きます。この何気ない場所にたたずむところが「隠れ家」にも感じられ、訪れる人たちの心をくすぐります。

DSC_0020

店内も木の風合いが心地よく、なんだかいるだけで気持ちいい・・・。しかしお店の窓に目を向けると、さらなる癒し空間が広がっていました。

DSC_0021

なんと!手入れが行き届いた庭園が広がっているのです!これには圧倒されました。もし空いていれば、ぜひとも窓際の席をゲットして下さい。

 

オススメはケーキセット!主張しすぎない上品な味わい

メニューはドリンクとデザートが中心のとてもシンプルなもの。今回はその中から「ケーキセット」をチョイス。スイーツは月変わりのようで、7月はマンゴーソースのパンナコッタでした。

FullSizeRender

「ケーキセット」という表記で油断していましたが、運ばれてきたものがこれ。何とアートなのでしょうか!プレートの上に並べられたコーヒーやカトラリーまでもがまさにアート!でした。もちろんパンナコッタは甘過ぎない上品な味わいで、珈琲も尖りすぎない中で個性的で、それでいてしっかりとした味わいでした。

 

IMG_0744 のコピー

添えられた葉っぱにもこんなあしらいが。これだけでこのお店のきめ細やかさが伝わってくるようです。

季節を感じる器

さらに店内は所狭しと作家さんの作品が並べられています。

DSC_0024

30人以上の作家さんと繋がっていらっしゃるらしく、全部欲しい!と思ってしまう作品がずらりと並んでいます。

DSC_0030

企画展を年3回ほど行っており、作家さんがお店に一週間ほど在廊し、その作家さんが作られた器でカフェタイムを楽しむなど、毎回充実した時間を提供していらっしゃるそうです。

 

いつ行っても同じテイストの安心感。オーナーの園部有紀さんは「ぽってりとしたカタチが好き。自分の好きなテイストの作家さんばかり集めてしまう」とおっしゃっていました。その言葉がそのまま表現されているお店だと感じることができましたし、こんなお店がなぜ三ツ川に!!と思うほどのクオリティでした。五感で感じるギャラリーカフェhagi。疲れたときやゆっくりしたい時、素晴らしい作品に出会いたい時にせひご利用下さい!


CAFE GALLERY hagi
営業時間:11:00 – 18:00 定休日:火曜・水曜

http://gallery-hagi.com


愛知県名古屋市西区宝地町173


転載元:http://mitsukawa.identity.city/2016/07/16/hagi/

カフェ・グルメ

, , ,

  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2017 IDENTITY.