IDENTITY 名古屋

2017.8.5 HyodoKazuki

どうぶつ達の本当の姿が見れるかも!?「東山動植物園ナイトZOO&GARDEN」

今年もいよいよ夏休みに突入。お休みの日にどこに行くか悩まれている方に、期間限定開催の「東山動植物園ナイトZOO&GARDEN」をご提案します。家族とのお出かけにも、恋人とのデートにも!誰と行っても楽しめる充実の内容ですよ!

今年も開催!「東山動植物園ナイトZOO&GARDEN」

開催日は、8月4日〜6日・11日~13日・15日の7日間

「東山動植物園ナイトZOO&GARDEN」が今夏も開催されます。開催日は、8月4日〜6日・11日~13日・15日の計7日間。東山動植物園ナイトZOO&GARDENは開園時間が通常の午後4時50分から午後8時30分まで延長され、日没後の夜の動物園を体験できるというもの。

実は、動物の多くは夜行性。夜の動物園に潜入して、昼間には決して見ることのできない動物たちの本当の姿を目撃しましょう。また、併設される植物園では温室植物たちがライトアップされ、幻想的な夜の癒し空間を楽しむことができます。

名古屋市民にとって夏の恒例行事となりつつある同イベント。今年は東山動植物園が創立80周年記念ということもあり、より充実度の高い内容となっています。

夏の暑ーい日に外に出たくない!という方も、夜ならきっと暑さを気にせずに動物園を楽しめるはずです。
 

夜の東山動植物園ならではのイベントが盛りだくさん!

東山動植物園初のプロッジェクションマッピングも

創立80周年を迎える今年の「東山動植物園ナイトZOO&GARDEN」は例年とは一味違い、特別イベントが目白押し。

なかでも一番の見所は、創立80周年を記念した東山動植物園初のプロッジェクションマッピング!

普段見慣れた、あのホッキョクグマ舎がプロッジェクションマッピングで動き出します。動物たちと光アートのコラボレーションは見逃せません。

ほかにも、来園者が「むすび玉」を上池に浮かべ一緒にイルミネーションを作り上げることができる、参加型プログラム「いのちむすぶ池」。

夏の夜空の下で動植物の特別な写真や動画を見ることができる「ひがしやま夜空シアター」など。私たちが知らない東山動植物園を見ることができるのも「東山動植物園ナイトZOO&GARDEN」ならでは。
 

夜だからこそ楽しめる、夏のイルミネーション

東山動植物園でフォトジェニックな写真を!

さらに今年の「東山動植物園ナイトZOO&GARDEN」では、フォトジェニックなイルミネーションがたくさん!

例年好評の「ペラヘラ祭」風イルミネーションは、今年はゴールドの衣装に。アジアゾウのふるさとスリランカの伝統的なお祭り「ペラヘラ祭」風にイルミネーションで着飾られます。

ほかにも、園路が星空のように変身した「スターダストエリア」など、園全体がフォトジェニックなスポットになりますよ。

ぜひ家族や友人、恋人と写真をとってSNSの夏の1ページにしましょう!

毎年欠かさず参加される方も、まだ行ったことのない方もぜひ今年のバージョンアップした「東山動植物園ナイトZOO&GARDEN」へ。

なお、開催日は駐車場や周辺道路が大変混雑するので、公共交通機関の利用をオススメします。
 


東山動植物園

営業時間:
通常:午前9時〜午後4時50分
ナイトZOO&GARDEN開催日:午前9時〜午後8時30分

定休日:毎週月曜日(月曜日が国民の祝日または振替休日の場合はその直後の休日でない日が休園日)、年末年始(12月29日~1月1日)

URL:東山動植物園 公式サイト

住所:名古屋市千種区東山元町3-70


画像引用元:http://www.higashiyama.city.nagoya.jp https://blog.higashiyama-park.com/

イベント・スポット

, , , , ,

  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2017 IDENTITY.