IDENTITY 名古屋

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。 - 00 2
2018.3.25

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。

4月1日に新装オープンする劇場・御園座。先日も名古屋の新スポットとして紹介した「御園小町」などは劇場に先駆けて注目されています。

御園座は明治30年から約120年間に渡って名古屋を彩ってきました。中日劇場、名鉄ホールが閉館してしまった今となっては「名古屋三座」の最後の老舗劇場です。グランドオープンを前に、そんな御園座についてご紹介します。

御園座は名古屋三座の最後のひとつ

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。 - 04 2 979x620

名古屋の芸術拠点・御園座

地下鉄伏見駅から徒歩2分の場所にある御園座。そのアクセスの良さもあり、愛知県外の人からもずっと親しまれてきました。

中日劇場、名鉄ホールが閉館してしまった今となっては「名古屋三座」の最後の老舗劇場です。

昨今では建物の老朽化などで維持することが難しくなって閉館する劇場も多い中、名古屋市民の期待を乗せて復活しました。

昨年末には、劇場に先駆けて1階の飲食店やお土産店がオープン。店舗には御園座オリジナルのメニューが豊富な「御園小町」や、有名うなぎ店「うな富士」初の暖簾分け店「おか富士」が入っています。

つづく2018年4月には2階に演劇図書館もオープン予定。これまでは御園座の地下にあった図書館ですが、新しくなったこの機会に立ち寄ってみても良いかもしれませんね。入場料は無料です。

長い歴史を生かしたオシャレな外観

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。 - 05 1 979x620

新しくなっても変わらない、おなじみのあのデザイン

現在の建物で5代目となる御園座。今回は東京歌舞伎座にも携わった隈研吾さんの設計です。

さて、皆さんは前の御園座の建物にあった白の格子柄を覚えていますか?

これは「なまこ柄」と呼ばれるもので、日本伝統の壁塗りの手法のひとつである「なまこ壁」に見られる柄のこと。防火性が高いことが特徴の壁です。

平らな瓦を壁に並べて貼り、継ぎ目を漆喰を使ってかまぼこの形に盛り付けてつくられます。盛り上がったその形が、なまこに似ていることが名前の由来だとか。

瓦の色は黒、漆喰は白が使われることが一般的で、現在も岡山県倉敷市などでよく見かけるデザインとのこと。そんな「なまこ柄」が、この新しい御園座でも採用されました。

今までになじみのあるデザインがそのまま現代に引き継がれるのは嬉しい心意気ですよね。柄の部分にはLEDも導入されたので、夜には昼間とはまた違った、近代的な風貌を楽しめます。

ノドが渇いても気にならない!今度の劇場は飲食OK

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。 - 02 1 979x620

鮮やかな「御園座レッド」を中心とした活気ある空間

4月のこけら落とし公演までもう少し。次の公演にワクワクしている人も多いのではないでしょうか。

実は、新しい劇場ではこれまで禁止されていた客席での飲食が可能になりました。喉の渇きのせいで舞台への集中を妨げることもなくなりますね。

気になる座席数は1,302席と以前よりも約300席減っていますが、舞台や花道までの距離がとても近く、迫力ある演技が見られそうです。舞台好きにはたまりません。

また、これまで中日劇場で行われてきた公演の一部も行われる予定です。東京や大阪まで行かなくても様々な演劇が見られるのは嬉しいポイントです。

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。 - 06 1

内装のデザインは、御園座の伝統的な赤色である「御園座レッド」をメインに使用しています。

エントランスやロビーでまず目に入るのは、大きく面積をとったこの「御園座レッド」の床。まるでレッドカーペットのように華やかな空間に、新しい劇場への期待と力強さを感じますね。

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。 - 03 979x620

そして、ぜひ試していただきたいのが劇場内の椅子です。人間工学に基づいた設計で、長時間の観劇でも疲れにくいことが特徴。

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。 - 01 979x620

また、写真はまだ公開されていませんが、舞台の緞帳も新しくなるとのこと。どれも、御園座や名古屋にゆかりの企業からの寄贈品で、御園座への期待の高さがうかがえます。

気になる次の演目は?

明治から続く御園座が4月1日にグランドオープン!今度は飲食OKでより快適に。 - 07

歌舞伎からミュージカルまで、バラエティに富んだタイトルが盛りだくさん

「三月大歌舞伎」が旧御園座の閉館を飾ってから5年。再出発を彩るのも、歌舞伎です。

4月1日~25日のこけら落としを行うのは「柿葺落四月大歌舞伎」。

松本幸四郎改め二代目松本白鸚さん、その長男である市川染五郎改め十代目松本幸四郎さんの親子襲名披露興行となります。

まさに、名古屋の芸術発信を担う御園座の新しいスタートにぴったりですね。

5月には、スーパー歌舞伎セカンド「ワンピース」、6月は滝沢秀明さんが座長を務める「滝沢歌舞伎」が上演となります。特に「滝沢歌舞伎」は名古屋では初公演!今まで見られなかった大人気公演をぜひ名古屋で楽しみましょう。

ほかにも、志村けんさんの夜バラエティーショー「志村魂」や、ミュージカル「モーツアルト」が予定されているそう。

歌舞伎や歌謡ショーのイメージが強かった御園座ですが、これからのバラエティーに富んだ賑やかなラインナップに注目です。

 

記念すべき再始動のこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事:名古屋の新スポット!御園座タワー1階「御園小町」で名古屋グルメを堪能


御園座

URL:御園座 公式サイト

住所:愛知県名古屋市中区栄1丁目1−10−5


画像提供元(内装部分):株式会社御園座

地域ニュース

, , , , ,

  • 松坂屋名古屋店南館6・7階のシスセット。エステティック、ヘア・ネイルサロンなど、12のビューティー&リラクセーションサロンを集めたフロアをご紹介
  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2018 IDENTITY.