IDENTITY 名古屋

2017.4.8 YoshidaYuki

名鉄名古屋駅地区の再開発で新ビル誕生!南北400メートルを誇る横長施設

愛知県と岐阜県に軸足を置き、通称「名鉄」として知られる名古屋鉄道株式会社が、3月29日、名古屋駅地区再開発の全体計画を発表しました。

名古屋と言えば、2017年4月に開業した高さ220メートルを誇る縦に長いビル『JRゲートタワー』がありますが、再開発の目玉となる新ビルは、全長400メートルと、横の長さが特徴です。

リニア中央新幹線が開通する2027年に合わせた完成を目指すとのことで、名古屋駅周辺の盛り上がりがますます期待できそうですね。

太閤通をまたぐ名古屋鉄道の新ビル

オフィス、商業、ホテル、住居から成る複合施設 現在6つのビルが建つ土地に建設予定

名古屋鉄道が発表した名古屋駅地区再開発の全体計画によると、建設予定の新ビルは全長400メートル、高さは160〜180メートルにのぼるそう。イメージ写真にもある通り、ビルというよりも巨大な壁をほうふつとさせる姿。名古屋にも縦に長いビルは数多くありますが、横に長いビルの建設はこれが初めてです。

この新ビルの建設予定地には、現在、名鉄ビル、名古屋近鉄ビル、名鉄バスターミナルビル、大手町建物名古屋駅前ビル、名鉄レジャックビル、6つのビルが立地。今回の再開発では、これらのビルが統合されるかたちで、新ビルが建設されます。また今回の新ビルは、太閤通という大きな道路をまたぐかたちで立地予定。建物と建物の間、道路の上空をどうやってつなぐのか、建築物としての姿にも注目が集まりますね。

なお工事着手は2022年度、完成は2027年を目指すとのこと。2027年は、リニア中央新幹線が先行開業する年。新ビルの建設とリニア中央新幹線の開業によって、名古屋駅周辺がどんな盛り上がりを見せるのか、今から楽しみですね。
 

名鉄名古屋駅の面積も2倍に

3つしかなかったホームを増設し、より利便性の高い駅へ

さらに、新ビルの建設とあわせて名鉄名古屋駅の面積も2倍に。現在は3つしかないホームも新たに増設されるとのこと。現在の名古屋駅は3面2線というシンプルな構造ながら、1線で10もの行き先の違う列車が発着するとあって、乗客にとっては混乱を招く原因にもなっていたそう。

しかし、今回の再開発によってホームが増設されれば、列車の行き先に注意を払うことなく、ホームを選ぶだけでスムーズな乗り降りが可能になります。また今回の再開発に合わせて、開閉式のホームドアも設置されるとのことで、利便性だけでなく、安全性にも気を配った整備が行われる予定だそうです。

 

名古屋の陸の玄関口として、今後ますますの発展を見せそうですね。
 


住所:愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2-1


画像引用元:http://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2016/__icsFiles/afieldfile/2017/03/29/release170329_nagoyastation.pdf

地域ニュース

, , ,

  • 「IDENTITY名古屋」ユーザーアンケートを実施!回答者全員にクーポンプレゼント
  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2017 IDENTITY.