IDENTITY 名古屋

2017.6.12 Chikusa

ニトロコーヒーにクラフトビールも!Trunk Coffee & Craft Beer

話題のサードウェーブコーヒーが名古屋で味わえる、TRUNK Coffee (トランクコーヒー)。今回、上前津駅からほど近くに待望の2号店がオープンしました!

まぶしい日差しに、夏の足音を感じる今日この頃「ちょっと一杯、のどの渇きを潤したい」そんな時に、ふらっと立ち寄りたくなるカフェバーです。

TRUNK Coffeeの2号店が上前津にオープン!

スペシャリティーコーヒーで話題のTRUNK Coffee・2号店が上前津にオープン!

上前津駅6・7番出口からほど近く。歩きだしてまもなく見えてくるのが「Trunk Coffee & Craft Beer」。

1号店である高岳のTRUNK Coffeeでは、産地の違いや品種の違いを楽しめる、こだわりぬかれた高品質のスペシャリティーコーヒーが提供されていました。

今回オープンした2号店では、スペシャリティーコーヒーはもちろん、店名の通りクラフトビールも楽しめるとのこと。新しい組み合わせに、どんな雰囲気のお店なのか想像がつきません。どきどきしながらお邪魔してみました。

階段をのぼりお店に入ると、アンティークの家具や看板が置かれたオシャレな店内。空間デザインは同じビルの3・4階に今回オフィスを構えたSASQUATCHというデザイン集団とコラボレーションして創り上げているとのこと。

階段をのぼった先は、吹き抜けに。ちょっとしたテーブルが用意された2階席です。

今までにない空間づくりですね。

さて、1階へ戻り、ネオン看板の下にあるカウンターで注文をしましょう。

カウンターの奥にずらーっと並んだ数字。これ、クラフトビールの種類をあらわしているんです!4番ください!といった具合に注文ができるワケなのですが、色々ありすぎて迷ってしまいますね…。

そんな時はスタッフの方に相談を。味の違いを丁寧に教えてもらえるので、好みのビールを選ぶことができますよ。

スタッフの女性に説明を受けいざ注文。それぞれの数字の下にあるサーバーからビールを用意してくれます。この光景を見ているだけで、気持ちが高まります…!
 

志賀高原ビール×TRUNK Coffee!コーヒービールってどんなお味?

長野県・志賀高原ビールとのコラボ!フルーティーなコーヒービールが味わえる

編集部メンバーが飲んだのは、「志賀高原ビール HOP&BEAN」。BEANというだけあって、こちらはTRUNK Coffeeと志賀高原ビールがコラボした、コーヒー豆を使ったビールなんです。とっても華やかな香りとフルーティーな酸味!飲んだ瞬間美味しい!と口に出してしまうほど。まさかコーヒー豆を使ってビールができるとは、そしてこんなに美味しいとは…という新しい発見のある1杯でした。

ちなみに、こんな色のビールも!お味はいかに!?ぜひお店に行ったら注文してみてください!
 

見た目はビール!?ノンアルコールの「ニトロコーヒー」が新感覚

口当たりまろやか!話題の窒素入り水出しコーヒーが名古屋で楽しめる

この夏一度は試してみたいのが、「NITRO COLD BREW(ニトロ コールド ブリュー)」。なんとこちらはビールサーバーから注がれる、新感覚の窒素入り水出しアイスコーヒーなんです。

まるで黒ビールのような褐色のコーヒーの上に、白いきめ細やかな泡がのっています。口当たりはまろやかで、クリーミーな飲み口が新鮮。砂糖やミルクを入れなくとも、ブラックのままでもマイルドでフルーティーな味わいが楽しめます。

近年コーヒーの新しい飲み方として、じわじわと話題になってきている窒素入り水出しアイスコーヒー。「ドラフトコーヒー」や「ニトロコーヒー」、「ナイトロ コールド ブリュー」といった呼び名でも親しまれています。名古屋でも飲めるなんて、コーヒー好きにはたまらないですね。
 

「名古屋を日本一魅力のある都市にしていきたい」

Trunk Coffee & Craft Beerを通じて、名古屋をハッピーに!

以前にIDENTITY名古屋でも取材させていただいた、バリスタの鈴木さん。2号店を構えるにあたり、その想いをお話しいただけました。

「街づくりの文化って、どこの国もカフェから始まっていたりするんです。いいカフェがあって、そこを中心に街ができていく。だからこそTrunk Coffee & Craft beerも街の中心を担っていきたいと考えています。美味しいコーヒーやビールを求めて、自然とお客さんが集まってくれるような場所をつくっていきたいです。

どこの国も美味しいコーヒーの文化がある都市は、幸福度が高いといわれています。たった一杯のコーヒーを通して、「美味しいね、このコーヒー」と笑顔になり、会話がはずむ。そこからまた新しい会話が生まれる。どんなコーヒーを介するかで、会話の質が変わると思うんです。お客さんに楽しい時間をすごして欲しい。だからこそ、こだわりぬいたものを提供したいんです。

欧米ではスペシャリティーコーヒーはポピュラーですが、名古屋ではまだまだブレンドコーヒーの方が一般的です。そんな名古屋だからこそ、スペシャリティーコーヒーとクラフトビールという、今までにない組み合わせにチャレンジしてみたかった。新しいものを提供することで、新しいライフスタイルの選択のきっかけになればと思います。

常に新しい選択肢を提供することで、お客さんに楽しんでもらいたい。そうして、名古屋をハッピーにしていきたいんです!」

そもそも、本来コーヒーは苦いものではないそう。果実味、酸味、甘みを楽しむもの。実際にいただいたスペシャリティーコーヒーは、ブラックのままでも楽しめるフルーティーな味わいでした。品質の良いコーヒーを、良い状態でもってきて、最高の抽出をして提供される。美味しいコーヒーやクラフトビールをきっかけに、楽しい時間をすごし、また新たな出会いにつながっていく。Trunk Coffee & Craft Beerは、そんなきっかけの場所となるといいですね。
 


Trunk Coffee & Craft Beer
営業時間:11:00〜23:00

URL:Trunk Coffee & Craft Beer Facebookページ

住所:名古屋市中区上前津1丁目3-14


画像引用元:https://www.facebook.com/Trunk-Coffee-Craft-Beer-453864948287195/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

カフェ・グルメ

, , , , ,

  • 「IDENTITY名古屋」ユーザーアンケートを実施!回答者全員にクーポンプレゼント
  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2017 IDENTITY.