IDENTITY 名古屋

2016.7.12 kakugorira

名古屋から約40分!不思議なアートスポット「養老天命反転地」で身体も心も爽快に

夏は、普段は訪れないようなスポットに遠出をしたくなる季節です。

名古屋から高速を経由して、約40分の距離にある岐阜・養老の「養老天命反転地」は、そんなお出かけスポットとしておススメの場所。

SMAPの番組でもロケ地として使用されるなど、近年注目を集めており、身体を動かせる不思議なアートスポットとして、さまざまな年齢層が楽しめてしまうんです。

広大な敷地に個性的なパビリオン「養老天命反転地」

IMG_4704

「養老天命反転地」は、現代美術家である荒川周作と、詩人マドリン・ギンズのプロジェクトを実現したテーマパークとして、1995年に開園。

IMG_4720

約18000㎡の広大な敷地には、ひと目見ただけでは分からない、個性的なパビリオンが点在しています。

園内は、全て傾斜の激しい斜面で構成されており、身軽な服装、動きやすい靴でも、歩を進めるのは、容易ではありません。

岐阜県の屋根に、天井には家具…?「極限で似るものの家」

IMG_4710

こちらは、メインパビリオン「極限で似るものの家」。

IMG_4711

岐阜県の形をした屋根を持つ迷路状の建物で、地面にも岐阜の各地域の地名が書かれています。

通路は、極端に細く狭く、歩を進めつつも、自らの身体感覚を問い直すような構造になっており、新たな身体の可能性と出会うことが出来ます。

IMG_4714

IMG_4717

地上、天井、地下、それぞれに家具が取り付けられており、まさにミステリアスといった様相です。

「楕円形のフィールド」は、未知の体験の連続!

IMG_4722

すり鉢状の「楕円形のフィールド」には、さまざまなパビリオン以外にも、148の曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島が存在しており、想像もしなかった光景が、私たちをお出迎え。

IMG_4708

未知の空間は、これまでに取ったことのないような姿勢や歩き方を要求し、新鮮な感覚を与えます。

標高の高い所にある「養老天命反転地」は、芝生から見下ろす景色も絶景で、サッカーやキャッチボールをする親子連れがいたり、芝生でまどろむカップルがいたりと、過ごし方はさまざま。

芝生で寛ぎたい方は、芝生上にある糞を踏むことを防ぐためにも、ブルーシートを持っていくことがおススメ。また夏の時期は、想像以上に身体を動かすため、タオルはもちろん、着替えもあると良いかもしれません。

身体も心もリフレッシュすることが出来る「養老天命反転地」、夏のお出かけには持ってこいのスポットです。ぜひ足を運んでみてくださいね!


養老天命反転地

営業時間:9:00~17:00(入場は午後4時半まで)

休園日:月曜日(祝日の場合、翌日)、年末年始(12/29~1/3)

http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/

岐阜県養老郡養老町高林1298-2

イベント・スポット

, , , ,

  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2017 IDENTITY.