IDENTITY 名古屋

2017.3.2 YoshidaYuki

地上70m!?日本一高いスタバが名古屋駅前のJRゲートタワーにオープン!

3月3日、名古屋駅前のJRゲートタワー15階に、日本一高い場所に位置するスタバがオープンします。地上からの高さは70m。国内最大級の162席を配置し、そのうち62席が屋外のテラス席です。「憩いの場」をコンセプトに、開放感ある店内が特徴の今回オープンするスタバ。日本一高いところになるスタバで名古屋市を一望しながら、ゆったりとコーヒーを飲める日も近いですね。

新たにオープンするスタバ、JRゲートタワーを訪れる人の「憩いの場」に

JRゲートタワーのオープンは2017年4月から!それに先駆け、3月3日、同ビル内にスタバがオープン

今回スタバがオープンするJRゲートタワーは、名古屋駅と直結する高層複合ビル。ビル内には、オフィス、商業施設、ホテル、レストランなどが入居し、あらゆる都市機能が集まる場所としても注目を集めています。

そんなJRゲートタワーにオープンするスタバのコンセプトは「憩いの場」。オフィスワーカーをはじめ、買い物客や、名古屋駅に降り立つ観光客など、さまざまな人が入り混じる、「憩いの場」を目指しているといいます。JRゲートタワー自体のグランドオープンは2017年4月とのことですが、このスタバは3月3日オープンと、一足先にJRゲートタワー内の雰囲気を味わうことができます。
 

JRゲートタワー15階にオープンするスタバ、店内の様子は?

ガラス張りの壁面が特徴の開放的な空間

気になるのが、新しくできるスタバの店内の様子。店舗面積は137坪ほど、その中はバーカウンターのある客席スペースと緑豊かな屋外テラス、さらにはガラス張りの壁面に囲まれた展望スペース、この3つの空間からなります。客席は、国内でも最大級の162席。そのうち、バーカウンターのある客席と、展望スペースからなる屋内には100席、屋外テラスには62席が配置されます。店内写真を見る限り、窓からの日差しと屋外を彩る緑、さらには名古屋市を一望できる眺め、これら3つの要素が組み合わさり、心まで軽やかになるような開放的な空間となっています。

さらに、使用されなくなった磁器タイルや割れ陶器を中部地方の窯元から集め、店内に飾られるアートパネルの一部として再利用。また鉄道の廃材を活用して立体的なコーヒーの木を作るなど、その土地のものを有効活用することによって、地域とのつながりも表現しています。

そのほか限定商品として、陶芸の際、器のコーティングに使われる「飴釉(あめゆう)」で仕上げたマグカップも発売されるそう。

日本一高い場所にオープンするとして、注目を集める今回のスタバ。そこからの見晴らしに期待するのはもちろん、店内の様子や、限定商品も気になります。

ぜひ、名古屋を一望にしながらゆったりとコーヒーを飲む、そんな贅沢な時間を過ごしてみてください。
 


スターバックス コーヒー 名古屋 JR ゲートタワー店

営業時間:7時~22時

住所:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番3号(JRゲートタワー 15階


画像引用元:https://travel.mdpr.jp/photo/detail/2540517

イベント・スポット

, , , ,

  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2017 IDENTITY.