IDENTITY 名古屋

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」 - r DSC 1096 660x400
2018.11.4

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」

朝が肌寒く感じ始め、布団から出るのがおっくうなこの季節。そんな朝でも、家の近くにあったらついつい買いに行ってしまいそうなパン屋さん「Tôt le Matin Boulangerie(トレマタン・ブーランジェリー)」をご紹介します。
「Tôt le Matin」はフランス語で早朝という意味。目覚めのパン屋さんなんて、なんともいい名前ですね。その素敵な店名のとおり、おしゃれな店内とオーナーが焼くこだわりのパンが魅力のお店です。

『トレマタン ブーランジェリー』

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」 - r DSC 1173

お店のロゴにはいろいろな見方が

一社駅の近くに位置する「トレマタン ブーランジェリー」。トレマタンの「M」からひょっこり顔をのぞかせているパンのロゴが目印です。

ロゴには、山からお日様が昇ってきている、そんな意味も込められいるのだとか。8:00から営業している同店にぴったりなシンボルです。よく見ると、鉄板をつかむミトンにも見えてきますね。

こだわりのインテリアがおしゃれな空間を演出

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」 - r DSC 1073

哀愁のある空間と輝くパンの共演

お店のいたるところに粋な演出が散りばめられていて、とても心地よい気分に浸れます。

まず印象的なのはお店の外観。ガラスの格子はまるで小麦の穂のようです。そして、店内に入って左手にはいくつも本が並べられています。壁に飾られたドライフラワーと、球型の優しい照明も店内の居心地の良さを演出。

正面に並べられた焼きたてのパンは、外から差し込む太陽の光と照明のなんとも言えない優しい仄明かりで輝きます。

職人の努力の結晶

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」 - r DSC 1138

パンの産声

パチパチ、いや、パキパキ?

店内で焼き上げられたバケットは、オーブンから出されてからほんのわずかな時間、そんな音がします。アツアツのバケットの表面が冷め、細かいヒビがあちこちに入ったときに生まれる音だそう。まるでオーブンから生まれてきたパンの産声のようですね。

このパキッと澄んだ音はおいしく焼けた証で、フランスでは、「天使のささやき」と呼ばれているそうです。

卵の味がしっかりするクリームパンは絶品

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」 - r DSC 1096

カスタードクリームとパンのハーモニー

どのパンも絶品ですが、特におすすめは「クリームパン」(税込み200円)。

生地はほんのり甘くふわふわで、クリームは卵の味がしっかりとした甘さ抑えめの優しい印象です。口に入れた瞬間、生地とクリームが組み合わせが織りなす美味しさがふわっと広がります。

買いに来るのはパンだけじゃない

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」 - r DSC 1089

職人とお店、パンが作り出す体験

パンはもちろん魅力的。でも、お店と職人さんが作り出すその雰囲気も併せて「トレマタン ブーランジェリー」なんです。店内には、店主の明るい声が響き、それにこたえる職人の笑顔。並んでいるパンの中から注文するスタイルだから、会話を楽しみながら選べます。

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」 - r DSC 1090

この秋、買いに行きたくなるパン屋さん「トレマタン ブーランジェリー」 - r DSC 1108

この秋、ちょっと早起きしてTôt le Matin Boulangerieで心もおなかも満たしてみてはいかがしょうか。

 


Tôt le Matin Boulangerie

営業時間:8:00~18:00

定休日:月曜日・火曜日(詳しくは公式Instagramをご確認ください)

URL:公式Instagram

住所:名東区一社 2-136 パークサイドマンション1F

カフェ・グルメ

, , , ,

  • 松坂屋名古屋店南館6・7階のシスセット。エステティック、ヘア・ネイルサロンなど、12のビューティー&リラクセーションサロンを集めたフロアをご紹介
  • ご出稿を検討されている企業・自治体の皆さまへ
  • インターン募集

名古屋の情報をチェック

SNSもやってます

© 2018 IDENTITY.